しつけ

『甘えさせる』と『甘やかす』の違いとは??

更新日:

wakaimama

"甘えさせる"と"甘やかす"

この2つの違いや境目って難しいですよね(ToT)

ママの育児の考え方や子どもによって変わってくるので答えはありませんが、私が思うそれぞれの言葉の意味と違いを考えてみました☆

 

甘えさせるとは??

《例》 ママが家事をしている間に一人で遊んで待っていた。

→待っててくれてありがとう、とたくさん抱っこしたり一緒に遊んだり♪

といったように、 『甘えさせる=親子のスキンシップ』 だと私は思います(*^^*)

子どもはママの温もりを感じられる抱っこが大好き♡ 子どもに甘えさせる時間は親子にとって絶対必要で、とっても大切なことですよね(^^)/

 

 甘やかすとは??

子どもに対してどこからが"甘やかす"ことになるのかは、それぞれママによって全然違うと思うので、あくまでも私の見解として読んでいただけたらありがたいです(^_^)/

《例》

  • 子どもが自分だけで出来る事なのに、ママがほとんどしてしまう。 (そのほうが早く済むから)
  • おやつを子どもが欲しがるだけあげる
  • 叱るのが可哀想だ、と叱らない
  • 家のルールを子どもの機嫌に合わせてコロコロ変える (おやつの時間、嫌がるから歯磨きしない等)

このへんが私は甘やかしているな~と感じますね(T_T)

例え1歳や2歳でも、ママが"これは曲げない"と決めたルールはある程度の我慢をさせてでも覚えさせるべきだと思います。

 

『子どもの言いなりになってはダメ』

泣けばママは言うことを聞いてくれる!

子どもはそう学びます。 そうなれば子どもはこれからどうなるでしょうか??

子どもが保育園や幼稚園に入園したら、 何かある度に "家では全部思い通りになるのになんでならないの!!" と、お友達のオモチャを奪ったり、全ての物事を自分中心に考えてしまいますよね。

そうなるとせっかく出会えたお友達も少しずつ離れていってしまいます(;_;)。。

子どもの為にも、「ある程度の我慢や自分で出来ることはする!」と教えるのも立派な愛情です。

「甘えさせる」と「甘やかす」と言葉は似ていても意味は正反対に近いぐらい違いますよね。でも子どもによって、その線引きはなかなか難しい。。

子どもの性格や成長のペースを観察しながら、 "甘えさせる"と"甘やかす"の境目を一度考えてみる事をおすすめします!

 

 

 

  • この記事を書いた人
mama-chan

mama-chan

子育てって楽しいし喜びも大きいけれど、赤ちゃんや子供と思うように向き合えなくてストレスがたまっちゃう事も多いですよね。20代の双子のママが育児や生活に役立つ情報をお届けします。

-しつけ
-, , , ,

Copyright© Happy子育て , 2019 All Rights Reserved.