生活

【赤ちゃん・子供がいる家庭】防災グッズをまとめる時のポイント!本当に必要な物とは?

更新日:

0-58

今日で東日本大震災から2年が経ちました。

あの日の事は今でも鮮明に思い出されます。

そこで、今回は防災グッズをまとめる際のポイントを少しまとめてみました。

圧縮してコンパクトに!

着替え、タオル、オムツ等かさばる物は圧縮袋で圧縮しておくとコンパクトになって運びやすいです。

 

使い捨ての哺乳瓶!

哺乳瓶は水不足の際は洗うことが出来ない場合があります。使い捨てのものを用意しておきましょう。

 

ラップが食器替わりにも防寒対策にも!

ラップがあると食器の上に敷いてそのまま捨てられます。衛生的でさらに水を使わないで済むので便利です。

また、防寒対策にラップを素肌に巻く事で保温効果が期待できます。

 

大切な名札!

子どもとはぐれてしまった時の為に、子どもの名前や住所、遠方の親戚の連絡先などを記入した名札を作っておく事をおすすめします。

また、子どもの手などに名前をかく為の油性ペンを防災グッズに入れておくと尚良いです。

 

居場所を伝える『笛』!

もし大規模な地震がおきて瓦礫に埋もれてしまった時、『助けて!』と叫び続けることはかなりの体力を使い、長くは出来ません。

そんな時に活躍するのが笛!

笛は防災グッズに入れるよりも、常に首から下げておくか、落とさないようポケットに入れておくことが大切です。

 

色々使える新聞紙!

水不足のときは食器を拭くのに使ったり、保温性に優れるので寒い日には新聞紙を巻いて寝ると暖かいです。

防寒対策としては、巻いた時に動きやすいラップの方が上かと思いますが、新聞紙は軽いのでたくさん入れておく事をおすすめします。

圧縮袋に入れてもいいですね。

 

本当に必要なものを見極めよう!

子どもを連れて避難するとなると、子どもを抱っこして更に大荷物を運ぶのはとても大変!

出来るだけ必要なものを見極めることが大切です。

衛生面を考えてカバンに入れた石鹸や洗剤などは、水を多く使用するため防災グッズには不向きです。

 

防災グッズを置く場所!

人数分を玄関や部屋の出入り口付近に置くことをおすすめします。

一戸建てに住んでいる方

屋外の物置やガレージに置くと、万が一の時に後から取りに行く事が出来ます。

マンションの2階以上に住んでいる方

管理人さんと相談して1階の置けそうな場所に置かせてもらうと安心です。

 

ネットで一通りの防災グッズが入ったセットが売られてますので、一度購入して残りの必要なものだけを用意すると無駄が省けて良いと思います。

しかし、完璧に用意していても、クローゼットの奥にしまっていては意味がありません(ToT)

万が一の時すぐに避難できるように、防災グッズの置き場所を家族と相談しておきましょう☆

★防災セットの人気ランキングもチェックできます★

 

 

  • この記事を書いた人
mama-chan

mama-chan

子育てって楽しいし喜びも大きいけれど、赤ちゃんや子供と思うように向き合えなくてストレスがたまっちゃう事も多いですよね。20代の双子のママが育児や生活に役立つ情報をお届けします。

-生活
-, , ,

Copyright© Happy子育て , 2019 All Rights Reserved.