生活

1歳児に起こりやすい家庭内の3つ事故とその対策!!

更新日:

家の中は外よりも安全・・・・・??

本当にそうでしょうか?(>_<)

家の中での不慮の事故は、1歳児に一番起こりやすいそうです。

歩けるようになってもまだ頭で考えることができないので、親がヒヤッとする行動をよくとったりします。 でも、未然に防げることはたくさんあります!

子どもが危険な目に合わないために。。 起こりやすい事故とその対策をまとめてみました。

 

1:転落、転倒

1歳ごろの子どもは高い所が好きで、ソファーやベッドなど登れそうな所を見つけたらすぐに登ります(゚Д゚;)

登った後に落ちて、近くの物の角で頭を打ったりすることがあるので注意です!

また、ベランダにバケツや箱を置いているのもとっても危険!

たとえ1歳でも自分で色々工夫して重ねたりしてしまいます。 そうして遊んでいるうちに登って転落してしまいます。

子どもは頭が重いので、湯船にお湯をためている時にお風呂場へ行き、お湯を覗きこんで転落し溺れてしまうということもよく起こるそうです。

対策

  • 低い家具の角にはコーナークッションを必ず付ける
  • 梱包材のプチプチを重ねてテープで留めてもOK(はがされないように頑丈に!!)
  • とにかくベランダには登れそうな物は置かない
  • 段ボールなどはすぐに処分しましょう
  • お風呂場の扉にロックを付ける

image

 

多用途ロックという便利なグッズが売っています。(写真参照)

お湯をためている間や、次の日の朝までお湯を残しておく場合は必ずロックしましょう。

このロックは冷蔵庫やキッチン周りにもかなり使えます。

 【楽天】多用途ロック

 

2:誤飲

1歳になっても、まだまだ物を口のなかに入れたり舐めたりします(>_<)

口のなかに入れた感触や味を確かめているのですが、小さい物などはふとした拍子に飲み込んでしまいます。

ボタン電池やタバコ、オモチャの部品や乾燥剤などは特に要注意です。

対策

  • 子どもの目線には小さい物や危ない物は置かない! 大人が立って取れる高さに置くように習慣づけましょう!
  • オモチャは定期的にチェック! 部品が取れかけていたり、ミニカーのタイヤが外れそうになっていたりすることも。。

 

3:窒息

買い物して帰ってきたら、ビニールの袋をそのままにしていませんか??(>_<)

子どもは袋を被るのが大好き! 被って遊んでいる間に窒息することがあります。

また、飴玉などの小さいお菓子もかなり危険です。

対策

  • 引き出しも子どもは1回覚えると簡単に開けてしまうので、引き出しにロックを付けることをオススメします
  • そのまま飲み込んでしまいそうな硬い食べ物は避ける!または、砕いてからあげるようにしましょう

 

大人の目線では気づかなくても、子どもの目線になって家の中を見てみれば意外と危ない所が多いものです(T_T)

子どもを事故から守るためにも、 一度子どもの目線になって、家の中を見渡してみてください☆

 

 

  • この記事を書いた人
mama-chan

mama-chan

子育てって楽しいし喜びも大きいけれど、赤ちゃんや子供と思うように向き合えなくてストレスがたまっちゃう事も多いですよね。20代の双子のママが育児や生活に役立つ情報をお届けします。

-生活
-, , , , ,

Copyright© Happy子育て , 2019 All Rights Reserved.