お風呂

赤ちゃんのお風呂。入浴剤は?温度は?一緒に入るときの疑問

投稿日:


生まれたての赤ちゃんは、大人と一緒にお湯に入れません。

そのため新生児の時期は、沐浴をする必要があります。

沐浴は慣れるまでは怖いですが、コツさえつかめば誰でも簡単にできます。

貴重な時期なので、パパにもお願いしましょう。

・まずは準備が大切

赤ちゃんをお風呂にいれたら、両手がふさがってしまいます。

そのため沐浴をはじめる前に、上がった後の準備を事前にしっかりしましょう。

私は痛くないようバスタオルの上に、赤ちゃんの洋服を広げておき、おむつも広げた状態でセットします。

洋服は2枚着させるのであれば、事前に袖も通しておきます。

ベビーバスの横に湯上がりタオルと洗うためのガーゼ、お腹に乗せる沐浴布をおき、着替えの横には綿棒や保湿剤などケア用品も揃えておきましょう。

・沐浴時の赤ちゃんの抱きかた

新生児の頭は小さいので、首を後ろから支えたときに指で耳をふさげると思います。

片方の手でそのように赤ちゃんを支えたら、もう片方の手でお尻を支えます。

お腹に何もないと、泣き出す赤ちゃんがいます。

私の次男はそうだったので、沐浴の直前まで布をお腹にかけていました。

・上から順番に洗う

赤ちゃんを抱っこしてベビーバスに入れますが、この時足から入れるようにしましょう。

入れたら、沐浴布をお腹にかけ頭から順番に入れます。

頭は髪の毛があるので手で洗い、顔はガーゼで拭いてあげましょう。

特に目やにがついているので、ガーゼを巻き付けた指で拭きます。

片方の目を拭いたら、違う面を巻き付け直し、もう片方の目を拭きます。

でないと目やにがついたガーゼで、もう片方の目を拭くことになってしまいます。

はは不衛生なので、きちんと変えて拭きましょう。

後は首からしたにかけて洗い、赤ちゃんをうつぶせに裏返して背中とお尻を洗います。

首のところやひじの裏側、おしりの蒙古斑があるくぼみには汚れがたまりやすいです。

ポイントを押さえてしっかり洗ってあげましょう。

洗い終わったら、少しお湯につけたまま温まります。

洗った後は綿棒で耳を掃除し、保湿クリームなどでケアをしてあげましょう。

毎日やっていれば、すぐに慣れるので簡単だと思います。
首もすわっておらず、手足も小さいので洗うのが大変ですが、赤ちゃんは新陳代謝が活発なので意外と汚れています。

しっかりと洗ってあげたいですね。

赤ちゃんと一緒にお風呂に入れるようになると、色んな疑問が湧き立つと思います。

自己流でも問題ないほどのことではありますが、赤ちゃんの肌や健康にトラブルが起きないようにしなければなりませんよね。

温度や入る時間など、私が行った方法を参考にしてください。

・温度や時間はどのくらい

赤ちゃんとのお風呂は、あまり温度をあげないようにしなければなりません。

夏場は38度から39度くらい、冬場でも40度くらいです。

時間は10分から15分くらいが適切です。

赤ちゃんのお世話を上がってから行うので、特に冬場はママが寒いと思います。

私ももっと高い温度で入りたかった記憶があります。

赤ちゃんをお風呂からあげて、ベビーチェアに座らせている間、素早く42度くらいのシャワーを数分浴びて出たりしていましたよ。

部屋に暖房をつけて、ママ自身が湯冷めしないように気を付けましょう。

・入浴剤は使用しても良い?

入浴剤は赤ちゃんの肌にトラブルがあったり、医師に止められていない限りは使用しても良いです。

むしろ赤ちゃんから使用しても問題のない入浴剤もあります。

高い保湿効果に優れている入浴剤なら、赤ちゃんの乾燥や湿疹も予防してくれます。

私の子供は肌が弱かったため、入浴剤を利用していましたよ。

匂いが強いものや香料が使われているものは、避けて使っていましたね。

肌に安心な入浴剤を使用しているなら、浴槽に入ったあと、わざわざシャワーで入浴剤を洗い流すことは、していませんでしたよ。

・うんちをしてしまったら

私の子供の場合は、ほとんどお風呂でうんちをすることはありませんでした。

ただ血行が良くなってリラックスすると、赤ちゃんはうんちをしてしまうことはよくあるそうです。

できる予防策としては、お風呂の直前に授乳をしないことです。

また便秘で出ていなければ、お風呂の前にのの字マッサージを行い、お風呂の前に便を促す方法があります。

それでも癖になってお風呂でしてしまう場合は、浴槽ではなくベビーバスに入れさせると、お湯を再度はりかえる手間を避けられます。

赤ちゃんは体力があまりないので、長湯はせずぬるめのお湯がベストですよ。

また赤ちゃんでも使える入浴剤があれば、肌荒れ防止にもなりますね。

お風呂でのトラブルはなにかとつきものですが、成長を感じられる貴重な時間でもあるので、楽しんでお世話してあげたいですね。

  • この記事を書いた人

mama

-お風呂

Copyright© Happy子育て , 2019 All Rights Reserved.