お風呂

赤ちゃんのお風呂は「石鹸と沐浴剤」どっちが良いの?

投稿日:

赤ちゃんの沐浴に使う洗浄剤は、沐浴剤が良いのか、石鹸が良いのかで迷いますよね。

私は沐浴剤を使用していて、何も問題がなかったです。

ただしどちらが良いか、赤ちゃんの肌の様子を見てママが選びましょう。

・産院で言われたのは石鹸

産院で沐浴の練習をする時があると思いますが、私が言われたのは石鹸が良いということ。

他のママも乳児湿疹で病院に行った際に、医師に沐浴剤より石鹸の方が汚れも取れるため、石鹸が良いと言われたそうです。

赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、汗や皮脂が多く分泌されます。

その汚れをしっかりと落とさなければ、確かに肌荒れが起きそうですよね。

・洗い流さない沐浴剤について

沐浴剤の中には、洗い流しが不要だと書かれているものもあります。

私もそういう商品が流行っていたため、それを使用していました。

でも洗い流さないでオッケーだということは、それだけ洗浄力が弱いということになります。

沐浴剤は非常に楽に沐浴できます。

沐浴剤が悪いのではなく、沐浴に慣れるまでの数日間は沐浴剤で行えば、事故も少なくなると考えます。

またママの体調が悪く、しんどいときに沐浴剤を使ったりと、メリットもたくさんあるので、用途によって使い分けが必要なのではないかと思います。

・石鹸の場合はすすぎ湯を用意

石鹸での沐浴は、洗浄力があって良いのですが、すすぎ湯を用意しなければなりません。

またしっかりとすすぎをしなければ、石鹸が体に残ってしまい、それも肌荒れの原因になります。

石鹸の方が良く汚れが取れますが、注意点もあることを覚えておきましょう。

・併用という手もあります

沐浴剤には肌を守ってくれる、保湿成分も含まれています。

ですから沐浴剤を入れて、その上で石鹸も併用するのも良いのではないでしょうか?

しっかりとすすぎが必要ですが、これならどちらの良いとこどりができます。

また石鹸は、今は泡で出るポンプ式のボディーソープもあり便利です。

泡なら石鹸と違い、泡立てる必要がないので利用しやすいですよ。

どちらかが悪いのではなく、どちらにもメリットとデメリットがあります。

自分の体調や、赤ちゃんの体調によってもさっと洗いたい時には沐浴剤を。

肌が弱く、しっかり洗うことをすすめられたなら石鹸を使用しましょう。

生まれたての赤ちゃんの入浴は、慣れれば簡単ですが注意点もあります。

気を付けなければならないポイントをおさえて、安全に赤ちゃんをお風呂に入れてあげたいものですね。

・沐浴は毎日入れるの?

特に新生児の赤ちゃんは、外に出ることもないため汚れていないと思いがち。

でも新陳代謝が活発で、よく汗をかきます。

ママの体調もあるとは思いますが、毎日沐浴をしてあげましょう。

大人だったら汗をかいたとしても、1日くらいお風呂に入らなくても、どうってことありません。

でも赤ちゃんは肌が非常にデリケートで、少しの汗や皮脂を放置すると、それが皮膚炎の原因にもなるようです。

また1日に何回もおしっこやうんちをします。

何らかの原因で入れないときは股の部分だけでも、洗ってあげたいですね。

・温度はどのくらいが最適?

沐浴に最適な温度は37度から38度くらいのぬるいお湯です。

温度設定がはじめからできる給湯器のお湯なら問題はないでしょう。

最初は温度計でも構いませんが、ママの肘で確かめるのがおすすめです。

給湯器のお湯でも、念のためママがチェックしてから入れてくださいね。
ベビーバスは物によるとあまり保温性がないので、洗っている間にすぐにぬるくなります。
そんなときは少し温かいお湯を足すと良いと思います。

・新生児を過ぎても沐浴で良いの?

新生児の時期は1ヶ月までで、沐浴はこの1ヶ月が目安です。

1ヶ月検診の時、医師に入っても良いと言われたら大人と一緒にお風呂デビューができます。

私は一緒に入るのが楽しみで仕方ありませんでしたので、早く経たないかなと思っていました。

でも忙しくママ1人で育児をしていれば、一緒よりも沐浴の方が、都合が良いと感じることもあるでしょう。

別に1ヶ月を過ぎて沐浴でも、問題はありません。

ただし体重も重くなり、動きが活発になるとママの手首への負担もあります。

両方の様子を見て、お風呂に移行してください。

・入る時間を一定にしよう

沐浴はバラバラの時間に入れるよりも、入る時間を一定にしたほうが良いです。

生まれたときには体内時計はありませんが、生活のリズムをつけるために、同じ時間に入れましょう。

日中赤ちゃんが起きていて、機嫌の良い時間帯ならいつでも良いでしょう。

私は3時頃に入れていましたよ。

日頃の親の生活もありますが、あまりに遅い時間は避けましょう。

新生児の時期は少ししかありません。

でも沐浴ひとつでも、色々と気を付ける点があります。

赤ちゃんの健康を守るのは親の勤めですから、しっかりと知識を蓄えたいですね。

  • この記事を書いた人
mama-chan

mama-chan

子育てって楽しいし喜びも大きいけれど、赤ちゃんや子供と思うように向き合えなくてストレスがたまっちゃう事も多いですよね。20代の双子のママが育児や生活に役立つ情報をお届けします。

-お風呂

Copyright© Happy子育て , 2019 All Rights Reserved.