お風呂

赤ちゃんとのお風呂で使った便利アイテム

投稿日:

赤ちゃんとのお風呂タイムは大変ではありますが、便利アイテムを使えば楽しい時間になりますよ。

今は色んなグッズが売られているので、参考にしてください。

・必ず必要!ベビーバスチェア

お母さんが洗っている間に赤ちゃんを乗せておくためのバスチェアは、必須といってもよいでしょう。

私が長男のために使用したのは、日本育児のバスチェアです。

3ヶ月程度から使用していましたが、全く嫌がりませんでしたよ。

ただメッシュ地になっているとはいえ、布はカビがきたら嫌だなと思ったので、次男の場合は空気をいれるタイプのバスチェアにしました。

使い終わった後は、サッと水洗いしておけば良いので重宝しました。

浮き輪と同じビニール素材なので、お風呂でも安心です。

デメリットは場所を取ることで、狭いお風呂では使いにくいと思います。

・バスマットは狭いお風呂でもOK

もしお風呂が狭くなるのが嫌であれば、バスマットも売られていますよ。

バスマットは吸盤が付いているタイプが、滑らなくて安心だと思います。

バスマットなら、イスを嫌がる子供にも良いですし、場所を取らず終わった後は立て掛けておけば良いので衛生面も問題ないでしょう。

最近は冬でもひんやりしない、最新のバスマットも販売されているそうですよ。

・親子でバスローブ

フード付きの子供用バスローブは、かなりおすすめです。

フードを被せてバスローブを被らせておいて、その間にママがタオルで自分を拭けば、赤ちゃんは寒くありません。

タオルなのでその間に水分を吸収してくれます。

一方ママ用のバスローブも便利です。

時間がない時や、赤ちゃんがぐずぐずするときも羽織るだけで水分を吸収してくれます。

タオルブランドのバスローブはちょっと値段も高いのですが、その分肌触りも良いので癒されますよ。

個人的にはカシウエアのバスローブがおすすめです。

・あまり使わなかったもの

お風呂の便利グッズの中で、私が使わなかったものもありました。

個人的な意見ですので、便利だと思えるものもあるでしょう。

まずはスイマーバです。

長男は全く受け付けず、装着すると泣いて嫌がったので使えませんでした。

また次男は嫌がらなかったのですが、それを付けている間に自分が洗い場で洗うということはできませんでした。

見ておかないと、すっぽ抜けて溺れる恐れがあります。

企業側も赤ちゃんを待たせるためのグッズではないと言っています。

そのため、使用する時を逃して気づくと赤ちゃん時代が終わり、使いませんでしたね。

もうひとつは温度計です。

可愛いおもちゃのように使えるタイプもあるので、持っていても良いとは思います。

ただ給湯器で温度調節がはじめからできるお風呂だったため、必要ありませんでした。

あひる型やヨット型、デジタル式などたくさんありますから、見た目がかわいくて買うのはアリだと思いますよ。

お風呂を嫌がる赤ちゃんには、お風呂用のオーボールやあひるのおもちゃ、おもちゃシャワーなどを駆使しましょう。

赤ちゃんもママも便利に使えて、お風呂タイムが好きになってくれるようにしたいですね。

  • この記事を書いた人
mama-chan

mama-chan

子育てって楽しいし喜びも大きいけれど、赤ちゃんや子供と思うように向き合えなくてストレスがたまっちゃう事も多いですよね。20代の双子のママが育児や生活に役立つ情報をお届けします。

-お風呂

Copyright© Happy子育て , 2019 All Rights Reserved.